スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

『新公式問題集Vol.3』 練習問題(1) 1周目終了

TOEICテスト新公式問題集 Vol.3 (3)
国際ビジネスコミュニケーション協会TOE
4906033385








やっと1周目の解説学習を終えました。
9/7に問題を解き、9/8から解説学習開始。
計11日、498分(45.3分/日)かかりました。
時間かけ過ぎ?(はい、十分分かってます。)

解説を学習して、課題はたくさん出てきました。
特に、高い目標を達成するにはやはり、
「難関のPartⅢ、Ⅳの攻略抜きには達成できない」
と強く感じました。

そのPartⅢ、Ⅳに関して、解答の流れを確立させる方法を色々模索しました。
(実は今までかなり適当でした、、、)

例えば、
先読みする or しない。
問題分が流れている時に設問・選択肢を選ぶ or 選らばない。
選択肢を全部読む or 読まない
次の問題の先読みを開始するタイミング
など実際の問題を使い、試しながら比較検討しました。

その結果、
現時点での(不十分な)英語力で最も力を発揮できるであろう流れは、

①PartⅢ(or Ⅳ)のDirections中に41~46(or 71~76)の設問の先読み
 →6つ先読みする(正確には「先読みできる」)のはここだけ
②問題分が読まれるまでの残り時間で選択肢を先読み
 →ざっと眺める程度。選択肢を縦に読む、動詞のみ読む、等
③問題分を聴きながら、設問に答える。(マークは塗りつぶさずチェックのみ)
 →理想は聴き終わってから設問に答えたいが、今の実力では無理と判明
④2つめの設問が読み終わったら、次の設問3つを先読み(以後②~④の繰り返し)
 →たとえ全問解けなくても次に進む。(いと、悲し)
 →それ以上時間をかけると、次の3問が全滅になる可能性高いことが判明

でした。
今後も模索を続けながら自分の実力を最も発揮できる方法を確立したいと思います。

PartⅢ・Ⅳだけでなく、もっと基礎力を身につけないといけないのは勿論自覚しています。
Readingはもっともっと速読できなけれまいけません。
練習テスト(1)は易しい、との評価も多いことですし。

とりあえず、今日はPartⅢ・Ⅳについて書いてみました。
その他のパートについても、ぼつぼつ記事にしようと思ってます。

仕事後打ちっ放し場(ゴルフ)にて1時間打ち放題で230球打ち込んだモアイでした(笑)。
ふーー、疲れた。

今月の平均起床時刻
6時37分

スポンサーサイト

2008.09.18 23:04 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) |

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。