スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

生きている実感

一夜明け、すっかり元気になりました。
(昨晩もある意味元気でしたが。)

点数が下がった分伸びしろが増えた、と思うようにしています。
点数が下がった分将来目標を達成した時の喜びが大きくなった、と思うようにしています。
今は将来の大幅な跳躍前の力を溜めている時、と思うようにしています。

TOEICは入学受験等と異なり、
他人と順位を争う、つまり人と争う試験ではないと認識しています。
(ある程度正規分布するかもしれませんが。)
完全に自分との闘い、そこが良いところなのでは、と考えることが多々あります。

よって「悔しさ」も他人を意識したものでなく、
100%自分の不甲斐なさに対する感情として湧き上がりました。

今日仕事の合間にも何度か悔しさが込み上げましたが、
そんな感情ってなかなか味わうことのできない貴重な体験だとも思えました。

そういえば、
昨晩どっぷり凹んだ気持ちで、初めて自分のブログを振り返って読んでみたのですが、
9/27の記事で以下のようなことが書いてありました。

>そもそも、30を過ぎた一応(?)一人前の大人が、
>試験に向かって努力したり、
>結果に一喜一憂したり、
>試験前日に緊張したり、
>初受験の際まわりの受験者が思ったより若くて自分の老いを感じたり(笑)、
>試験中尿意が我慢できずトイレに行ったり(実話、笑)、、、
>そんな経験って、TOEICがなかったらきっと味わえなかったはず。

>心のどこかで「ドキドキ」したいのかもしれません。
>大袈裟に言うと、TOEICを通じて「生きている実感」を味わいたいのかもしれません。

結構いいこと書いてんじゃん、俺(笑)。

健全な体でTOEICを受験できることだけでも感謝していますが、
結果に一喜一憂できることにも感謝しないといけませんね。

点数が上がった方々、おめでとうございます。
そして点数が下がった方々、諦めずに一緒に前を向いていきましょう。

さ、残りの日課を片づけるぞーー!!

今月の平均起床時刻
6時15分

 

スポンサーサイト

2009.02.03 23:14 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) |

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。