スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

今日の闘一句 その2

『音読』や 繰り返すほど やめられず
  満たされる日など ないと知りつつ
    モアイ

今日のTOEICならぬ、今日の闘一句(トーイック。苦しゅうない、苦しゅうない。)

『音読』『続音読』の19周目が終わった。
いつも1周終えるたびに思うのは、
「いつまでこの日課をやり続けるか」
ということ。

結局は
最初に始めた英語学習素材であること、
一日あたり15分程度しかかからない(負荷を減らしている)こと、
ここまで来たんだからやめるのはもったいない、という気持ち
などから続けてしまう。

きっと
「もうここまでやったからいいだろう」
といった満足する瞬間まで続けるような気がする。

が、
そんな時は来るのだろうか。
いや来ないのでは。
『音読』に限らず、英語学習、ひいては何かを習得しようとする行為に
100%満たされる日なんて本当に来るのだろうか。

ブログを開設してから英語学習をやらなかった日はない。
それはそれで心の支えになっているが、
逆にいつまで続けるのだろう。
いつ終えるのだろう。
終えることができるのだろうか。
そんな恐怖感に近い思いに駆られる時もある。

「そんなこと考える暇があったらつべこべ言わず900点取りなさい」
と叱咤するもうひとりの自分のがいるうちはまだましな気もする。

そんな複雑な心境を表した、一句。

「過程が最も大切」と言えるのは、目標を達成してからこそ言えるわけで。
それまでは苦しいですよね。

今やっていることが意味あるのか。
将来につながるのか。
時間の無駄ではないのか。
英語に限らず何でもそう。

いつか、
「『音読』をやってたからよかったんだなぁ。」
と思える日を信じて明日から20周目に取り掛かります。

今月の平均起床時刻
6時28分

 

スポンサーサイト

2009.02.19 23:45 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) |

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。