スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

開聞岳

昼過ぎに自宅に帰ってきました。
このブログでも過去何度か鹿児島に行ったことを記事にしましたが、
それらは全て仕事でした。

しかし今回は完全に観光目的でした。
昨日のメインイベントは、指宿にある開聞岳登山でした。

開聞岳















開聞岳は標高924mの薩摩富士とも呼ばれる日本百名山の一つです。
この写真のちょうど裏側は海に面していて、らせん状に登っていきます。


登山口















2合目の登山口です。
登山時間目安について、
成人は2時間半、老人は3時間と書いてありますが、どれくらいかかるかな?


5合目















5合目です。
最後だけきついのかな、と甘く見ていましたが、
登り始めから割と急な山道が続き、ここまで来るのに結構疲れました。


岩場と梯子















このあと山頂に近付くにつれて、岩場が増えてきました。
もう一息だ!


山頂















着いたぁーーー!!
遠くに見えるのはイッシーのいない(くどい!)池田湖です。
スクロールだとあっという間ですが(笑)、2時間25分かかりました。


イソップとかるかん















せっかくなので持ってきたイソップ物語(笑)と、
山頂まで我慢した明石屋の軽羹(かるかん)を最も標高の高い岩に置いてみました。
このあと食べたかるかんは今年一美味しいスイーツでした。


実は父との二人旅でした。
父は鹿児島県出身で現在60歳。
今年左腕の一部が麻痺してしまい、
大好きなゴルフができなくなり、寂しそうでした。
ちなみに一度もゴルフで父に勝ったことがありません。(マジです)
俺はグラス1cmでグラングランですが、
父は焼酎ガボガボ飲み干します。

そんな父が柄にもなく、
「生まれ育った鹿児島で有名な開聞岳を死ぬまでに登りたい。」
と言いだしたことが、この旅行のきっかけでした。
当然モアイプロデュースです。

父の背中を見ながら山頂まで着いて行きましたが、
成人の目安である2時間半を切りたかったらしく、
ガッシガッシ進んでました(笑)。

私がブログをやっていることは父はもちろん、誰も知りません。
最後にかなりプライベートな写真になりますが、
今日だけは山頂での父の背中を載せることにしました。

山頂の父















今までありがとう。
そしてこれからもよろしく。

今月の平均起床時刻
5時57分

 

スポンサーサイト

2009.11.16 23:57 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。