スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

弁護側の証人

お出かけ(?)から帰ったモアイです。
移動中ミステリーを読みました。

弁護側の証人 (集英社文庫)
弁護側の証人 (集英社文庫)








ミステリー通の間では「幻の傑作」と噂されていた1963年発表作品。
昨春復刻し、徐々に売り上げを伸ばしているそうです。

40年以上前のミステリーですが、違和感なく一気に読み終えることができました。

終盤で
「ぬうぁぁ!」
と騙されました。
初版当時は斬新だったでしょうね。
ネタバレせずに書評できそうにないので、
このへんでやめておきます。(す、すまない、父ちゃん。)←意味不明

読書っていいなぁ、と思った週末でした。

起き抜け学習『We are all alone』を聴く
STEP2 46/100回

今月の平均起床時刻
5時56分

スポンサーサイト

2010.01.16 21:53 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。